愚直(ぐちょく)の意味と例文

[名]ぐちょく

愚かなほど正直である。真っ直ぐなあまり気のきいた行動がとれないこと。

例文

次郎は愚直で頑固な店主だった。

愚直に叫び続けた。

叔母の愚直すぎる言葉に、その場にいた親戚たちは苦笑いした。

彼は愚直な経営を行ったが、恐慌の時代をうまく切り抜けた。

説明

「愚かなほど真っ直ぐ」の漢字を合わせた単語。

広告