search
New サムネイル 分断するメディアとインターネットのユーザー:ライトノベル、キズナアイ、TikTokに思うこと New サムネイル Golangのchiを使ったrouterの例 New サムネイル Golangの文字列(代入、結合・連結、部分文字列、置換)

ハロゲン(フッ素、塩素、臭素、ヨウ素)の酸化力まとめ

広告

ハロゲンを酸化力の強い順に並べると次のようになる。

F2 > Cl2 > Br2 > I2

「ハロゲンの酸化力」とは「ハロゲン単体の酸化力」であり、フッ素の酸化力が最も強い。周期表では下にいけばいくほど弱い。

ハロゲン単体の酸化力は水との反応でわかる。フッ素と塩素は酸化力が非常に強いため、水と反応する。しかしヨウ素は酸化力が弱いため、水とほとんど反応しない。つまり水に溶けない。

※臭素はもともと液体なので除外。

「酸化力の大小」と「単体と塩の反応」の関係

2KI + Cl2 → 2KCl + I2

塩素が還元されて、ヨウ素が酸化されている。したがって酸化力の強さは Cl2 > I2 とわかる。このように単体と塩の反応から酸化力の大小がわかる。これは入試でよく出題される。

酸化力の大小 単体と塩の反応
Br2 > I2 2KI + Br2 → 2KBr + I2
Cl2 > Br2 2KBr + Cl2 → 2KCl + Br2

補足:ハロゲンと水

2F2 + 2H2O → 4HF + O2
Cl2 + H2O → HCl + HClO

HCl  塩化水素
HClO 次亜塩素酸

フッ素は酸素を発生させるが、塩素は塩化水素と次亜塩素酸を発生させる。この違いはフッ素と塩素の酸化力の違いから生じる。なお次亜塩素酸は非常に強力な酸化剤であり、漂白剤として使われている。

高校化学ハロゲン(フッ素、塩素、臭素、ヨウ素)の性質と化学反応式まとめ
ヨウ素の性質と化合物(ヨウ素ヨウ化カリウムなど)
酸化剤と還元剤の一覧と反応式

高校化学を3ヶ月で習得する必殺勉強法(ある程度化学がわかる人向け。化学重要問題集を使い倒す)

広告

広告

広告

コンピューター コンピューター
プログラミング プログラミング
数学 数学
英語 英語
国語 国語
理科 理科
社会 社会

Python入門

Python入門

化学入門

化学入門

漢字辞典

漢字辞典

整数辞典

漢字辞典

Lord Candy

Lord Candy