針の筵(はりのむしろ)の意味と例文

[名]はりのむしろ

非常につらい状況。

例文

サービス残業が当たり前の職場で針の筵だ。

努力しても報われない針の筵のような状況で、次郎は必死にもがいていた。

彼にとって結婚生活は単なる針の筵だった。

針のむしろで救いを求める。

説明

筵とは藁(わら)などで作った敷物のこと。「針のむしろ」は針がついた筵にいるようなつらい状況を表す。

同義語

  • 生き地獄
  • 過酷
  • 四苦八苦

広告