ヘモグロビンによる酸素の運搬とミオグロビン

動脈は酸素を多く含み、さまざまな器官を流れて酸素を細胞に供給する。細胞の糖代謝などで酸素は消費されて、代わりに二酸化炭素が発生するが、これを呼吸という。

動脈 → 酸素がある
静脈 → 酸素があまりない

酸素は気体であり、そのまま血液中を流れるわけではない。血液の赤血球に含まれるヘモグロビンが酸素の実際の運搬係になる。酸素を荷物とすれば、ヘモグロビンはトラックである。

血液と酸素

ヘモグロビン

なお同じような名前の物質にミオグロビンがある。ヘモグロビンはHb、ミオグロビンはMbと略記されることが多い。

ヘモグロビン Hb
ミオグロビン Mb

ミオグロビンは筋肉などに含まれ、酸素分子を蓄える機能をもつ。運動するとき、ミオグロビンは酸素を供給し、エネルギーが切れないようにする。

広告

広告

広告

姓名判断

漢字辞典

色辞典

数の辞典

高校化学専門サイト

Python解説サイト

© Irohabook