仏教の概要(高校倫理)

四法印

釈迦が悟った真理を四法印という。

概念 読み方 意味
一切皆苦 いっさいかいく 人生は苦ばかり
諸行無常 しょぎょうむじょう 世はいつも変化する
諸法無我 しょほうむが 永遠の「私」は存在しない。
涅槃寂静 ねはんじゃくじょう 悟りの境地がある。

四諦

釈迦は悟りに至るための方法を四諦としてまとめた。

概念 読み方 意味
苦諦 くたい 人生は苦ばかりと認識する
集諦 じったい 苦の原因は煩悩がある
滅諦 めったい 煩悩を壊そう
道諦 どうたい 修行法を八正道としてまとめた

大乗仏教と小乗仏教

釈迦の後、仏教はいくつかの流派に分かれるが、その代表に大乗仏教と小乗仏教(上座部仏教)がある。まず小乗仏教が出て、

大乗仏教 … 菩薩を理想とする。慈悲の実践を説く。
小乗仏教 … 阿羅漢を理想とする。自己修行を説く。

龍樹と世親

龍樹(ナーガールジュナ)と世親(ヴァスバンドゥ)は古代仏教で有名な二人。

龍樹 … 空の思想。万物は固有の実体を持たない。
世親 … 唯識の思想。万物は心の働きの産物にすぎない。

広告

広告

広告

姓名判断

漢字辞典

色辞典

数の辞典

高校化学専門サイト

Python解説サイト

© Irohabook