大陸合理論(デカルト、スピノザ、ライプニッツ)|高校倫理

大陸合理論とは、経験よりも生まれつきの理性を重んじる思想のこと。フランスなどの大陸側で発展したため「大陸」合理論という。

大陸合理論はよくイギリス経験論と比較される。イギリス経験論と大陸合理論の対応は、ちょうどベーコンの帰納法とデカルトの演繹法の対応と同じである。

大陸合理論の哲学者

デカルト

デカルトは大陸合理論を代表する哲学者で、演繹法や物心二元論といった思想を唱えた。

演繹法

演繹法とは、普遍的に正しい命題から、正しい論理展開によって次の命題を見つけていく方法のこと。具体的な現象や観察結果から一般的な原理を見つけること。

例えば、ニュートンはりんごがいつも下に落ちることから重力を発見した。日常で観察される普遍的な現象から、一般的に正しい法則を導いた「演繹法」の例である。

デカルトは(ベーコンやロックと違って)人は生まれついて理性を持つと考え、学問の探究と科学の発展のためには演繹法が必要であるとした。

考える私

演繹法はできるだけ根本的な原理を探そうとする。観察から原理、つまり具体から抽象という方向は、深い思考と鋭い合理性を必要とする。

デカルトはこのような思考する主体を「考える私」として、あらゆるものを正しいか正しくないか疑った。疑うことで合理的に判断できるからだ。これを方法的懐疑という。

そして「今こうして疑っている私というもの」が、まぎれもない真実であると気づいた。これは「我思うゆえに我あり(コギト・エルゴ・スム)」と表される。

物心二元論

デカルトは物質と精神を分けて考えた。

自分の外に広がっている世界や物質は、自分の気持ちと関係なく運動する。例えば、りんごは自分の意志に関係なく落ちる。落下という現象が、人間の心と関係ない原理によって生じているからだ。世界と精神が切り離されているという一例である。

このように、自分の外側にあるものと、自分の内側にあるものを明確に分けることを、物心二元論という。

延長と座標

物心二元論をもとに、デカルトは物質の体積に注目した。

物質がそこにあるのは、物質が空間のある領域を占めているからであり、この意味において物質は「延長」であると考えた。しかし精神は空間を占めないので、「延長」はない。

この「延長」をより具体的に分析するために、デカルトは「座標」という概念を生みだした。中学校から数学で習ってきた座標は、もともとデカルトが考えたものであり、デカルト座標と言われることもある。

高邁の精神

デカルトは理性を重視し、理性にしたがって感情をコントロールする精神を「高邁の精神」と呼んだ。

スピノザ

スピノザはオランダの哲学者で、汎神論を唱えた。代表作は『エチカ』。

汎神論

汎神論とは「物体や精神は神が形を変えたものである」という考え。

りんごが落ちるといった自然現象はいつも、どこでも成りたつ。スピノザは、このような自然の必然性は、神が自然になった(神が自然という形をもった)からにほかならないとした。

ライプニッツ

ライプニッツは、世界は「モナド」という最小単位から構成されているというモナド論を展開した。

モナドはギリシア哲学者デモクリトスの「アトム」に近い概念といえる。

ライプニッツは他にも

などの業績を残した。

広告