高校倫理 大陸合理論(デカルトやスピノザなど)

大陸合理論はよくイギリス経験論と比較される。イギリス経験論と大陸合理論の対応はちょうどベーコンの帰納法とデカルトの演繹法の対応と同じである。

大陸合理論は後天的な経験よりも生得的な理性を重んじた。フランスなどの大陸側で発展したため大陸合理論という名がついている。主な哲学者はデカルト、ライプニッツ、スピノザで、特にデカルトはセンター試験で最も出題頻度の高い思想家。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

デカルト

デカルトは物体と精神をまったくの別物として考えた。これを物心二元論という。物心二元論は国語の現代文でもしばしばテーマにあがる重要事項なので注意。

経験論、特にバークリーは物心二元論と対になる思想を持っている。バークリーは「存在するとは知覚されることである」と主張し、物体と精神の独立性を否定した。

またデカルトの功績は高校数学でも出てくる「デカルト座標」に現れている。デカルト著「方法序説」に座標という概念が記されている。またデカルトはニュートンやライプニッツと同じく数学者の立場をとっており、基本的に機械論的自然観を持っていた。

デカルトは(ベーコンやロックと違って)人は生まれついて理性を持つと考え、学問の探究と科学の発展のためには演繹法が必要であると説いた。演繹法をきちんと確立するためにはあらゆる疑わしいものを排除しなければいけない(方法的懐疑)が、「疑っている私」だけは疑いようのない真実だった。「我思うゆえに我あり」はこれを端的に示している。

「我思うゆえに我あり」はラテン語で「コギト・エルゴ・スム」という。

演繹法  ↓ 方法的懐疑  ↓ 我思うゆえに我あり

スピノザ

スピノザは汎神論の哲学者で『エチカ』を著した。

スピノザは宇宙(自然)、物体、精神のすべては本来一つであり、それは神であると考えた。

スピノザにとって自然現象と人間の自由意志は必然であり、それは神が決めたものである。

ライプニッツ

ライプニッツは、世界は「モナド」という最小単位から構成されているというモナド論を展開した。

またライプニッツは、世界は予定調和にしたがうと考えた。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。