高校倫理 社会契約説

社会契約説のいろは ★

「国は人々の契約の上にある」とする考えを社会契約説という。社会契約説において国家ができる前の状態を自然状態といい、国家のない自然状態でも人々が最初から持っている権利を自然権という。

自然状態→(人々の契約)→国家

センター試験ではホッブズ、ロック、ルソーが出題される。三人が前提とした自然状態と自然権を覚え、それをもとにどんな国家を理想としたかを理解しよう。また現代社会が誰の思想を強く受け継いでいるかもチェック。

ホッブズ

・自然状態 … 万人の万人に対する闘争 ・自然権 … 生存権(自己保存のための権利) ・契約 … 自然権の放棄 ・理想国家 … 絶対王政 ・抵抗権 … 認められない

ホッブズにとって自然状態は戦争状態であり、「万人の万人に対する闘争」と表現される。また人の最上の欲求は自己保存であり、自然権は生存権であるとする。国家のない自然状態では、人々は生存権という自然権を持っているために、生きるためならなにをやっても許されると考えるあまり戦争が起きる。

そのため人々は契約し、自然権を放棄して、全員が服従しなければいけない絶対王政的な国家を作り、戦争状態を回避するべきだとした。

ロック

・自然状態 … 基本的に平和 ・自然権 … 所有権 ・契約 … 自然権の信託 ・理想国家 … 議会中心 ・抵抗権 … 認められる

ロックにとって自然状態は基本的に平和である。また生命、自由、財産などを所有する広い意味での所有権を自然権とした。国家のない社会では、強盗に財産を奪われるといった問題が起きて自然権が侵害されてしまう。

そのため人々は契約によって国家を作り、自然権を国家に「信託」する。この「信託」という言葉はとても難しい言葉なので、まずは「託する」とざっくり考えよう。また国家がこの「信託」に反して人々の自然権を侵害した場合、人々は国家に抵抗できるとした。この抵抗する権利を抵抗権という。

信託と抵抗権という概念から、国家には立法権を有する議会が必要であるとした。

ルソー

・自然状態 … 自由で平等な社会だったが文明化によって今は不平等な社会 ・自然権 … 自由と平等 ・契約 … 一般意志への服従 ・理想国家 … 直接民主制 ・抵抗権 … 認められない

ルソーにとって自然状態は自由で平等な社会だった。しかし社会の文明が発展し、私有財産制が導入されたことで社会は不平等になった。

人々は自由と平等を再び手に入れるため、自然権を放棄し、公共の利益を求める一般意志に服従する。またルソーは議会を認めず、直接民主制を説いた。

ロックの政治思想と現代社会への影響 ★★

ロックとモンテスキュー

ロックは国家権力の分立を主張した。これがモンテスキューの三権分立論につながる。しかし二人の権力の分け方は大きく異なる。

ロック … 立法権、行政権 モンテスキュー … 立法権、行政権、司法権

モンテスキューと違ってロックは司法権を扱っておらず、立法権を行政権の上に置いた。ロックのこの思想を統治二論という。

ロックがホッブズとルソーと異なる点

ロックがホッブズとルソーと決定的に異なる点は抵抗権にある。ホッブズとルソーが抵抗権を原則認めないのに対し、ロックは抵抗権を当然の権利としている。

自然権という概念が歴史上初めて明文化された文書は1776年に制定されたバージニア権利章典である。これはアメリカ独立革命で生まれ、同1776年のアメリカ独立宣言に影響を与えた。アメリカ独立宣言はロックの思想の流れをくみ、抵抗権を認めている。