古文の絶対敬語(奏す、啓す)

2018/1/26

Shinichiro Sakamoto

広告

「奏す」と「啓す」は敬意の対象が決まっている。このような敬語を絶対敬語という。

言葉 読み方 対象
奏す そうす 帝、院
啓す けいす 中宮、皇太子

どちらも「申し上げる」という意味である。


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/irohakasa/irohabook.com/public_html/wp-content/themes/child/single.php on line 125

広告

広告