HTTPステータスコード(200〜505)とレスポンスチェッカー

コード ステータス
200 OK
201 Created
202 Accepted
203 Non-Authoritative Information
204 No Content
205 Reset Content
206 Partial Content
300 Multiple Choices
301 Moved Permanently
302 Found
303 See Other
304 Not Modified
305 Use Proxy
307 Temporary Redirect
400 Bad Request
401 Unauthorized
403 アクセス権がない
404 ページが見つからない
405 Method Not Allowed
406 Not Acceptable
407 プロキシ認証が必要である
408 リクエストのタイムアウト
409 Conflict
410 Gone
411 Length Required
412 Precondition Failed
413 Request Entity Too Large
414 Request-URI Too Long
415 Unsupported Media Type
416 Requested Range Not Staisfiable
417 Expectation Failed
500 サーバースクリプトでエラーが起きた
501 Not Implemented
502 Bad Gateway
503 何らかの問題によりアクセスできない
504 Gateway Timeout
505 サポートされていないHTTPである

HTTPのレスポンスヘッダーは下のサイトからチェックできる。サーバーがきちんと動いているか、ページが適切に表示されているかを確かめられる。

HTTP Header Checker

広告

広告

広告

姓名判断

漢字辞典

色辞典

数の辞典

高校化学専門サイト

Python解説サイト

© Irohabook