百発百中の意味と例文

[慣]ひゃっぱつひゃくちゅう

  1. 百回やって百回成功すること。すべて成功すること。
  2. 予想や分析がすべて的中すること。

例文

長年の努力の結果、由美子の弓は百発百中で的に当たるようになった。

彼は百発百中の景品取りで有名だ。

彼は経営分析は常に百発百中だった。

百発百中、連戦連勝を上げる予想屋も、この勝負ではついにハズレた。

説明

もともとは矢や弾などがことごとく的中するさまをいう。現代ではもっぱら予想が当たるという意味で使われる。

広告