一期一会(いちごいちえ)の意味と例文

一期一会(いちごいちえ)

一生に一回の出会い。人との出会いは一生に一回であるということ。その出会いが一生に一回きりであること。

例文

  • 旅の一期一会に感謝する。
  • 人生は一期一会の積み重ねだ。

説明

「一期(いちご)」は一生、「一会(いちえ)」は一回きりの出会いという意味。もともとは茶道の言葉。同じ茶会は二度起こらないから、一回一回を大切に臨まなければいけないという教え。

江戸時代の政治家である井伊直弼が「茶湯一会集」において一期一会に当たる一節を残して広まった。茶会に参加する者が毎回変わるから一回一回を大切にする、という考えではなく、むしろ同じ人と過ごす時間であってもまったく同じ時間を過ごすことはないという考えが強調される。

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト