一日千秋の意味、例文、類語

[慣]いちじつせんしゅう

  1. とても待ち遠しいこと。一日が千年に思われるほど、じれったいこと。
  2. 人に早く会いたいこと。

例文

一日千秋の気持ちでこの夏を過ごし、九月のはじめに故郷に戻った。

一日千秋、彼に早く会いたい。

一日千秋の思いで待っていると、ある晩、彼が家に立ち寄ってきた。

類語

首を長くして待つ
待ちわびる

説明

「千秋」は千回の秋、つまり千年を意味する。

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト