一日一善の意味と例文

[慣]いちにちいちぜん

  1. 一日一回善いおこないをすること。
  2. 毎日善いおこないをするべきであること。

例文

一日一善を自らに課して、最終的に大きな信用を得た。

説明

「一日一膳」は誤用で一日に一膳分の何かを食べること。笹川良一のキャッチフレーズでもあった。

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト