携帯電話の契約などで必要になる身分証まとめ(マイナンバー、運転免許証、住基カードなど)

携帯電話(スマートフォン)を契約する時、個人情報を特定する身分証が必要になる。個人情報は名前、住所、電話番号など多岐にわたり、例えば住基カード(住民基本台帳カード)は個人の顔、名前、住所を証明する。

公的な身分証とその代わりになるものリスト

  1. マイナンバーカード
  2. パスポート
  3. 運転免許証
  4. 住民基本台帳カード
  5. 健康保険証
  6. 住民票
  7. 印鑑証明
  8. 年金手帳
  9. クレジットカード
  10. 銀行通帳
  11. キャッシュカード

最も多くの個人情報を積んでいるカードはマイナンバーカード。

携帯電話の契約ではパスポートと運転免許証が必要になる。持っていない場合は複数の身分証を提示しなければいけない。そのためパスポートと運転免許証はマイナンバーカードに次ぐ重要な身分証となっている。

パスポート

外国に行く時に必要。パスポートは全世界で通用する身分証であるため、マイナンバーカードと並んで最も重要な身分証である。他の身分証と異なり、有効期限が切れた後の更新に費用がかかる。

運転免許証

自動車の免許を取得すると発行される。自動車を運転する時は必ず所持していないといけない。

住民基本台帳カード

居住する自治体の各種サービスが受けられるカード。健康診断の申し込みなどが簡単にできるようになる。

健康保険証

病院の治療費の負担を抑えるために必要なカード。

住民票

引っ越しなどの手続きで必要になる。

印鑑証明

引っ越しなどの手続きで必要になる。