免疫記憶と二次応答

B細胞とT細胞は抗原を受けると、それを記憶して、次に同じ抗原が入ってきたときに速やかに対応できるようになる。これを免疫記憶という。

一度目の免疫反応を一次応答、二度目を二次応答という。体液性免疫の場合、抗原の侵入によって生産される抗体の量は、一次応答よりも二次応答のほうがはるかに多い。

広告

広告

広告

姓名判断

漢字辞典

色辞典

数の辞典

高校化学専門サイト

Python解説サイト

© Irohabook