世界各国のインターネット利用者率ランキングを考える

各国のインターネット利用者率は、国内外でビジネスをしている会社にとって重要な指標です。インターネットが「ない状態」から「ある状態」になるとき、さまざまな産業が生まれ、既存の産業を壊し、経済がダイナミックに活性化されます。

コンピューター

次のデータは世界国勢図会2018/2019(矢野恒太記念会)、p410、表11-5「インターネット利用者率(%)」より引用しています。値は2016年のもので、単位はパーセント。

利用者率

利用者率
イギリス 94.8
日本 93.2
韓国 92.8
オランダ 90.4
カナダ 89.8
スウェーデン 89.7
ドイツ 89.6
フランス 85.6
スペイン 80.6
アメリカ 76.2
ロシア 73.1
イタリア 61.3
フィリピン 55.5
中国 53.2
タイ 47.5
エジプト 41.2
インド 29.5

このデータから、日本のインターネット関連市場がほぼ飽和にあると推測できます。画像、動画、コミュニケーション、ネット通販と物販、ゲームといったインターネット関連サービスはすでにそろっており、ほとんどの業界で完全競争に近づいています。

この傾向はイギリスや韓国、ドイツやフランスでも見られるでしょう。

今インターネット関連の事業に携わっている会社は、インターネットが普及している段階の中国、フィリピン、タイ、インドといった外国に目を向けるべきかもしれません。

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト