Irohabook
高校古文

接続助詞のまとめ|「ば」「とも」「て」「ものの」の意味と用法

広告

接続助詞は「ば」「とも」「ども」「て」「で」「ものの」「ものを」「ものから」「ものゆゑ」の九つ。

「ば」

「ば」は今も使われる代表的な接続助詞。「ば」は接続する活用形によって意味が異なる。

例えば「知らば」は「知る」の未然形に「ば」がついているので、「もし知っていれば」となる。

一方「知れば」は「知る」の已然形に「ば」がついているので、「知っているので」となる。

ただし已然形+「ば」は他にも意味がある。已然形+「ば」の意味をまとめると以下のようになる。

已然形+「ば」

例文

広告

「とも」「ども」

「とも」と「ども」は単語そのものは似ているが意味と接続が異なる。「とも」は終止形接続、「ども」は已然形接続。

例文

「て」「で」

「て」「で」も単語そのものは似ているが意味と接続が異なる。「て」は連用形接続、「で」は未然形接続。「て」は今の「て」とまったく同じ。

例文

「ものの」「ものを」「ものから」「ものゆゑ」

四つともすべて同じ意味と用法。意味は逆説(~だけれども)で、連体形接続。今も文語で使われる(「ものから」「ものゆゑ」はほぼ使われない)。

例文

「ものの」などは平安期の作品にはほとんど見られない。

古典文法

広告

コンピューター コンピューター
プログラミング プログラミング
数学 数学
英語 英語
国語 国語
理科 理科
社会 社会