古文副助詞まとめ(「だに」「さへ」の違いと「し」「のみ」「など」「ばかり」)

副助詞は「だに」「さへ」「し」「のみ」「など」「ばかり」の六つ。特に「だに」「さへ」は非常に重要な助詞である。

「だに」「さへ」は連体形、体言、助詞に接続する。

ポイントは「だに」が現代語の「さえ」という意味を持ち、「さへ」が現代語の「さえ」ではないこと。