「さらなり(更なり)」の意味と例文|古文重要単語

さらなり … 形容動詞・ナリ活用

① 言うまでもない

出典 枕草子「春はあけぼの」  夏は夜。月のころはさらなり、やみもなほ、ほたる飛びちがひたる。 …夏は夜がいい。月が明るいころは言うまでもない。闇もやはり、ホタルが飛びちがっているのもすばらしい。

活用

未然形 … さらなら 連用形 … さらなり・さらに 終止形 … さらなり 連体形 … さらなる 已然形 … さらなれ 命令形 … さらなれ