完了・存続の助動詞「たり」「り」の意味と接続と活用

助動詞の「たり」「り」はどちらも完了と存続を表す。完了は「~た」、存続は「~ている」と訳す。

まずは存続かどうか考え、「~ている」という訳に無理があれば完了を考える。存続でも完了でも訳が成立するときは文全体、あるいは前後の文から合うものを選ぶ。

「たり」「り」の接続と活用

活用 たり
接続 連用形 サ変未然形
四段已然形
未然形 たら
連用形 たり
終止形 たり
連体形 たる
已然形 たれ
命令形 たれ

「り」は「たり」と似ているが、接続が違う。「り」は「る」などの他の助動詞と識別することが難しく、センター試験などでしばしば出題される。

広告