「が」と「は」の違い~犯人は「私はやりました」とは言わない

「が」と「は」という日本語について考えてみます。

「が」と「は」は両方とも主語にくっつく助詞です。

・私がやります。

・私はやります。

どちらも正しい日本語ですね。でもどこかニュアンスが違います。日本語を勉強する方はこのあたりにとても悩むのではないでしょうか?

「が」と「は」のざっくりとした違い

正しい考え方ではありませんが、おおまかにいうと、「が」はその人の強いを意志(will)を強調するときに使います。

つまり「私がやります」というのは

「俺が絶対にこれをやるんだ!あんたにはさせない!」

「私だけがこれをやるんだ!」

という強い気持ちがある、ような感じですね。

一方、「私はやります」というのは

「はいはい、私がやればいいんでしょ」

という感じ、どこか弱いニュアンスがあります。

サスペンスのドラマで使う「が」と「は」

警察が犯人を指さすときと、犯人が自供するときを考えてみます。

警察は犯人になんと言うでしょうか?

警察「犯人はお前だ」

警察「お前がやったんだろう?」

ですね。次のセリフは間違っています。

警察「犯人がお前だ」

警察「お前はやったんだろう?」

「犯人がお前だ」はかなりおかしい日本語です。ただ、「お前はやったんだろう?」は、言わなくもないセリフかもしれません。状況によっては警察もふつうに言うでしょう。

続いて自供する犯人側を考えてみます。

犯人「私がやりました」

ですね。「が」です。「が」は「他でもない俺が!」というニュアンスを持つと先ほど言いましたが、犯人のこのセリフは

「他の誰でもない俺が犯人なんだ」

と言っているわけです。

犯人「私はやりました」

と言うと、罪を認めているというより、なにかを達成したかのようにみえますね。

「ちくしょうが!」の「が」は「は」にならない

この「が」は諸説あると思いますが、この「が」は「は」になりません。

「ちくしょうは!」

と言ったら

「えーちくしょうとは…」

という説明が続いてしまいます。

おしらせ

受験生、大学生、数学の好きな大人の方に向けて、センター数ⅡBの過去問を解く勉強会を開催します。

広告