感慨深い(かんがいぶかい)の意味と例文|国語辞典

[形]かんがいぶかい

しみじみと思われるさま。深く考えさせられること。

例文

彼女が最期に残した絵はとても感慨深い。

その本の最後のページは感慨深いものがある。

説明

素晴らしい風景や芸術、印象に残っている思い出など、心に訴えかける何かがあるときに使う。

広告