捲土重来の読み方、意味、例文

[慣]けんどちょうらい

一度負けたものが、勢いを取り戻すこと。

例文

捲土重来さながらにその国の経済は復興した。

捲土重来と言われるように、今年はなんとしても勝たなければいけない。

説明

「捲土」は土煙がもくもくと上がること、転じて勢いがあること。「重来」は再び来ること。敗北して勢いを失ったもの(人、組織、社会など)が巻きかえしをはかって勢いづくさまを表す。巻土重来とも書く。口語・文語ともに現代ではほとんど使われない。

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト