公明正大の読み方、意味、例文、類語

[慣]こうめいせいだい

公平で正しいこと。差別や偏見を持たずに正しく判断すること。またはそれができる人、組織、社会のこと。

例文

裁判官の公明正大な判決によって被害者遺族は救われた。

上司の判断はとても公明正大とは言えなかった。

類語

公平
平等

説明

個人的な経験や気持ちではなく、客観的に公平性から判断すること。

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト