「あ」から始まることわざ一覧

ああ言えばこう言う 愛多ければ憎しみ至る 挨拶は時の氏神 愛想づかしも金から起きる 愛想も小想もつきはてる 相対のことはこちゃ知らぬ 開いた口が塞がらない 開いた口には戸はたたぬ 開いた口へ牡丹餅 相槌を打つ 相手変われど主変わらず 相手のさする功名 相手のない喧嘩はできぬ 愛は惜しみなく与う 愛は小出しにせよ 愛は憎悪の始め 相惚れ自惚れ片惚れ岡惚れ 逢い戻りは鴨の味 会うは別れの始め 合うも不思議合わぬも不思議 阿吽の呼吸 敢えて主とならず客となる 会えば五厘の損がゆく 青い鳥 青柿が熟柿弔う 青田買い 青菜に塩 青二才 青は藍より出でて藍より青し 青葉は目の薬 青表紙を叩いた者にはかなわぬ 赤子のうちは七国七里の者に似る 赤子の手を捩じるよう 赤子は泣き泣き育つ 赤子を裸にしたよう 垢で死んだ者はない 赤の他人 垢は擦るほど出る、あらは探すほど出る 垢も身のうち 明るけりゃ月夜だと思う 足掻きがとれない 秋荒れ半作 秋風が立つ 秋風と夫婦喧嘩は日が入りゃ止む 秋の扇 秋の鹿は笛に寄る アキレス腱 商人と屏風は直ぐには立たぬ 商人には系図なし 商人の嘘は神もお許し 商人の子は算盤の音で目を覚ます 悪縁契り深し 灰汁が抜ける 悪妻は六十年の不作 悪事、千里を走る 悪銭身に付かず 悪に強きは善にも強し 悪人あればこそ善人も顕る 悪の裏は善 悪の報いは針の先 悪法もまた法なり 挙げ足を取る 挙句の果て 上げ膳に据え膳 朝起きは三文の徳 朝の来ない夜はない 麻の中の蓬 朝飯前のお茶漬け 足が地に付かない 足が棒になる 朝に紅顔ありて夕べに白骨となる 朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり 朝に夕べを謀らず 明日は明日の風が吹く 足駄を履いて首ったけ 足の裏の米粒をこそげる 足もとから鳥が立つ 足もとに火がつく 足もとの明るいうち 足もとを見る 足を洗う 足を出す 足を引っ張る 足を棒にする 明日ありと思う心の仇桜 飛鳥川の淵瀬 明日食う塩辛に今日から水を飲む 明日知らぬ世 明日の事は明日案じよ 明日の事を言えば鬼が笑う 明日の百より今日の五十 預かり物は半分の主 東男に京女 畦から行くも田から行くも同じ 遊びに師なし 値を二つにせず 当たった者のふの悪さ 当たって砕けろ 頭押さえりゃ尻上がる 頭搔くか字を書くか 頭かくして尻隠さず 頭が動けば尾も動く 頭剃るより心を剃れ 頭でっかち尻つぼみ 頭の上の蠅も追われぬ 頭の黒い鼠 頭の濡れぬ思案 頭禿げても浮気はやまぬ 新しい酒は新しい革袋に盛れ 新しい酒を古い革袋に盛る 中らずと雖も遠からず 当たるも八卦、当たらぬも八卦 寇に兵を藉し、盗に糧を齎す 徒の悋気 徒花に実は生らぬ 仇も情けも我が身より出る 仇を恩で報ずる あちら立てればこちらが立たぬ 悪貨は良貨を駆逐する 圧巻 会った時は笠をぬげ あったら口に風邪をひかす あって地獄、なくて極楽 あっても苦労、なくても苦労 暑さ寒さも彼岸まで 暑さ忘れれば陰忘れる 羹に懲りて膾を吹く 当て事と越中褌は向こうから外れる 後足で砂をかける 後から剝げる正月言葉 後先息子に中娘 後の雁が先になる 後の喧嘩、先でする 後の祭り 後は野となれ山となれ 後腹が病める 阿堵物 後へも先へも行かぬ 穴があったら入りたい 穴の貉を値段する 穴を掘って言い入れる 姉女房は身代の薬 姉は菅笠、妹とは日傘 あの声で蜥蜴食らうか時鳥 あの世の千日、この世の一日 痘痕も靨 家鴨も鴨の気位 危ないことは怪我のうち 危ない橋も一度は渡れ 危ない橋を渡る 虻蜂取らず 脂が乗る 油紙に火の付いたよう 脂に画き、氷に鏤む 油を売る 油を絞る 油を以って油煙を落とす 阿呆の三杯汁 甘い汁を吸う 甘い物に蟻がつく 雨垂れ石を穿つ 雨垂れは三途の川 天の邪鬼 雨夜の月 余り茶に福あり あまり円きはまろびやすし 余り物には福がある 網、呑舟の魚を漏らす 阿弥陀も銭で光る 網なくて淵を覗くな 網にかかった魚 網にかかるは雑魚ばかり 網の目に風たまらず 網の目に風たまる 雨が降ろうが槍が降ろうが 雨塊を破らず、風枝を鳴らさず 雨の降る日は天気が悪い 雨は花の父母 雨晴れて笠を忘れる 雨降って地固まる 飴をしゃぶらせる 危うきこと虎の尾を踏むが如し 危うきこと累卵の如し 過ちて改めざる是を過ちと謂う 過ちては改むるに憚ること勿れ 過ちは好む所にあり 過ちを文る 過ちを観て仁を知る 過つは人の性、許すは神の心 嵐の前の静けさ ありそうでないのが金 在りての厭い、亡くての偲び ある手からこぼれる ある時は米の飯 あるところにはあるもの あるは厭なり思うは成らず 合わせ物は離れ物 慌てる乞食は貰いが少ない 粟一粒は汗一粒 鮑の片思い 案じるより団子汁 案ずるより産むが易し