教唆(きょうさ)の意味と使い方|国語辞典

[名]きょうさ

(しばしば悪いことを)するように仕向けること。

例文

彼女は結婚詐欺を成功させるために、友人をうまく教唆して金をとらせた。

彼らは教唆扇動の罪で裁かれた。

注釈

「教唆」の「唆」は訓読みで「そそのかす」と読む。「教唆」も「そそのかす」も、多くの場合、悪い意図があって他人に何かをさせることをいう。

「教唆扇動」と意味は同じ。

広告