九死に一生(九死一生)の意味、類語、使い方

[慣]九死一生(きゅうしいっしょう)
[慣]九死に一生(きゅうしにいっしょう)

  1. 死にかけるも、すんでのところで助かること。
  2. 死ぬか生きるかで必死に努力すること。

例文

眼球に枝が刺さったが、九死に一生で命だけは助かった。

鮫に襲われたが、必死に逃げて九死に一生を得た。

説明

「九死に一生」という形でよく使われる。口語・メディアで頻繁に用いられる慣用句の一つ。生死を分ける事態に陥るが、うまく助かるという意味で使う。

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト