LaTeXコマンド – ドットと3点ドット(水平・垂直・斜め)

LaTeXにはいろいろなドットが用意されています。数列の続きを示すとき、行列の間を省略するときなどに使う3点のドット、かけ算を示す1点ドットが用意されています。

入力

$2 \cdot 3$
$1,2,3,\ldots$
$1,2,3,\cdots$
$\vdots$
$\ddots$

出力

$2 \cdot 3$
$1,2,3,\ldots$
$1,2,3,\cdots$
$\vdots$
$\ddots$

cdots と ldots は3点リーダーが表示される高さが異なる。

かけ算のドットの使い方

入力

$2 \cdot 3$
$2\cdot 3$
$2 \cdot3$
$2 \cdot{3}$
${2}\cdot{3}$

出力

$2 \cdot 3$
$2\cdot 3$
$2 \cdot3$
$2 \cdot{3}$
${2}\cdot{3}$

cdotは、直後が数字であれば半角空白を入れなくてもきちんと表示されます。前後の中括弧はきちんと認識するようです。

入力

$x \cdot y$
$x\cdot y$
$x \cdoty$
$x \cdot{y}$
${x}\cdot{y}$

出力

$x \cdot y$
$x\cdot y$
$ERROR!$
$x \cdot{y}$
${x}\cdot{y}$

文法が間違っているとERRORと表示されます。他のコマンドと同様、コマンドの後はスペースを入れるべきでしょう。

3点リーダーldotsとcdots

数列などで使う3点リーダーのldotsをいろいろなパターンで使ってみます。

入力

$1,2,3, \ldots ,100$
$1,2,3,\ldots ,100$
$1,2,3, \ldots,100$
$1,2,3,\ldots\ldots,100$

出力

$1,2,3, \ldots ,100$
$1,2,3,\ldots ,100$
$1,2,3, \ldots,100$
$1,2,3,\ldots\ldots,100$

行列で使うvdotsとddots

(m,n)行列では水平、垂直、斜めのドットを頻繁に使います。

入力

\[
\left(
\begin{array}{ccc}
a_{11} & \cdots & a_{1n} \\
\vdots & \ddots & \vdots \\
a_{n1} & \cdots & a_{nn}
\end{array}
\right)
\]

出力

\[ \left( \begin{array}{ccc} a_{11} & \cdots & a_{1n} \\ \vdots & \ddots & \vdots \\ a_{n1} & \cdots & a_{nn} \end{array} \right) \]

なお{ccc}は列と行の個数分だけ入力し、cは中央、rは右寄せ、lは左寄せを意味します。行列の成分を右寄せにしたい時は{rrr}のように書きます。

広告