LaTeXコマンド – ドットと3点ドット(水平・垂直・斜め)

LaTeX にはいろいろなドットが用意されている。数列の続きを示すドット、行列の間を省略するときのドット、かけ算を示すドットなど。

2 \cdot 3
1,2,3,\ldots
1,2,3,\cdots
\vdots
\ddots

ldots と cdots は横並びの三点ドット。vdots は垂直、ddtos は斜めに並ぶ三点ドット。cdots と ldots はドットの高さが異なる。

行列

(m,n)行列では水平、垂直、斜めのドットをよく使う。

\left(
\begin{array}{ccc}
a_{11} & \cdots & a_{1n} \\
\vdots & \ddots & \vdots \\
a_{n1} & \cdots & a_{nn}
\end{array}
\right)

{ccc} は列と行の個数分だけ入力する。c は中央、r は右寄せ、l は左寄せを意味する。行列の成分を右寄せにしたい時は {rrr} のようにする。

広告