TeX(LaTeX)とUnicodeにおける空集合のコマンド(ϕ、∅)

結論

\[ \begin{array}{lc} \verb|\phi| & \phi \\ \verb|\varphi| & \varphi \\ \verb|\emptyset| & \emptyset \\ \verb|\varnothing| & \varnothing \\ \end{array} \]

記号 Unicode
φ U+03C6
ϕ U+03D5
U+2205

説明

空集合とは、それに属する要素(元)が存在しないような集合です。空集合は $\phi$ という記号で表します。「ファイ」と発音するギリシャ文字です。

ただし空集合の記号は教科書によって異なります。ファイはファイでも $\varphi$ を使ったり、数字の $0$ に棒をさしたような記号 $\emptyset$ を使ったり、丸に棒をさしたような記号 $\varnothing$ を使ったりとさまざまです。

数学のさまざまな文献を確認したところ 4 種類の記号がありました。

$\phi$
$\varphi$
$\emptyset$
$\varnothing$

$\phi$

$\varphi$

$\emptyset$

$\varnothing$

ちなみに $\varnothing$ は日本のロックバンドのボウイ(BO$\varnothing$WY)に使われています。

補足(ギリシャ文字)

\[ \begin{array}{lc} \verb|\alpha| & \alpha \\ \verb|\beta| & \beta \\ \verb|\gamma| & \gamma \\ \verb|\delta| & \delta \\ \verb|\epsilon| & \epsilon \\ \verb|\zeta| & \zeta \\ \verb|\eta| & \eta \\ \verb|\theta| & \theta \\ \verb|\iota| & \iota \\ \verb|\kappa| & \kappa \\ \verb|\lambda| & \lambda \\ \verb|\mu| & \mu \\ \verb|\nu| & \nu \\ \verb|\xi| & \xi \\ \verb|o| & o \\ \verb|\pi| & \pi \\ \verb|\rho| & \rho \\ \verb|\sigma| & \sigma \\ \verb|\tau| & \tau \\ \verb|\upsilon| & \upsilon \\ \verb|\phi| & \phi \\ \verb|\chi| & \chi \\ \verb|\psi| & \psi \\ \verb|\omega| & \omega \\ \end{array} \]

\[ \begin{array}{lc} \verb|\varepsilon| & \varepsilon \\ \verb|\vartheta| & \vartheta \\ \verb|\varpi| & \varpi \\ \verb|\varrho| & \varrho \\ \verb|\varsigma| & \varsigma \\ \verb|\varphi| & \varphi \\ \end{array} \]

\[ \begin{array}{lc} \verb|\Gamma| & \Gamma \\ \verb|\Delta| & \Delta \\ \verb|\Theta| & \Theta \\ \verb|\Lambda| & \Lambda \\ \verb|\Xi| & \Xi \\ \verb|\Pi| & \Pi \\ \verb|\Sigma| & \Sigma \\ \verb|\Upsilon| & \Upsilon \\ \verb|\Phi| & \Phi \\ \verb|\Psi| & \Psi \\ \verb|\Omega| & \Omega \\ \end{array} \]

広告