TeX(LaTeX)とUnicodeにおける空集合のコマンド(ϕ、∅)

空集合とは、それに属する要素(元)が存在しないような集合です。空集合は一般的に $\phi$ という記号で表します。「ファイ」と発音するギリシャ文字です。

LaTeXコマンド ギリシャ文字一覧(小文字、大文字)

ただし空集合の記号は教科書あるいは大学の先生によって異なり、ファイはファイでも $\varphi$ を使ったり、数字の $0$ に棒をさしたような記号 $\emptyset$ を使ったり、丸に棒をさしたような記号 $\varnothing$ を使ったりとさまざまです。

数学のさまざまな文献を確認したところ $4$ 種類の記号がありました。

LaTeX入力

$\phi$
$\varphi$
$\emptyset$
$\varnothing$

LaTeX出力

$\phi$ $\varphi$ $\emptyset$ $\varnothing$

最近の専門書はギリシャ文字の小文字 $\phi$ か、丸に棒をさした $\varnothing$ のどちらかを使っていることが多いです。

$\varnothing$ は日本のロックバンドのボウイ(BO$\varnothing$WY)に使われています。

Unicodeにおける空集合のコマンド

φ U+03C6 ϕ U+03D5 ∅ U+2205