LaTeX記法 べき乗と指数関数

べき乗

LaTex入力

$x^{2}$
$x^2$
$x^ 2$
$x^{-2}$
$x^-2$
$x^ -2$

LaTex出力

$x^{2}$ $x^2$ $x^ 2$ $x^{-2}$ $x^-2$ $x^ -2$

上の出力結果からわかるようにLaTexは中括弧に入っていない要素の扱いが不安定。正の数はべきになる一方、負の数は中括弧に入っていないと不適切に表現される。では $2ab$ などの特殊な文字がべきになっている時はどうでしょうか。

LaTex入力

$x^{2ab}$
$x^2ab$
$x^ 2ab$
$x^{-2ab}$
$x^-\2ab$
$x^ -\2ab$

LaTex出力

$x^{2ab}$ $x^2ab$ $x^ 2ab$ $x^{-2ab}$ !エラー! !エラー!

恐ろしいエラーが出ました。今回はべきを $2ab$ に設定したわけですが、中括弧を使わないとべきの情報がLaTeXに適切に伝わらないようです。特に二番目に注目。変数を中括弧に入れない癖がついているとこうした変数を扱った際におかしい挙動に悩まされることになります。また^と変数を離すという書き方は非常に危険でしょう。

指数関数

LaTex入力

$\exp(x)$
$\exp{x}$
$\exp x$
$e^{x}$
$e^x$

LaTex出力

$\exp(x)$ $\exp{x}$ $\exp x$ $e^{x}$ $e^x$

指数関数にはexpという関数が用意されています。丸括弧と中括弧で表現がやや異なり、このあたりは教科書や先生の流儀があるでしょう。

広告