LaTeXにおける自然数、整数、有理数、実数、複素数の表記

LaTeXで数の集合を表す方法。

数の集合には自然数、整数、有理数、実数、複素数がある。LaTeXでは次のように入力する。

LaTeX入力

\[
\mathbb{N}\\
\mathbb{Z}\\
\mathbb{Q}\\
\mathbb{R}\\
\mathbb{C}
\]

LaTeX出力

\[ \mathbb{N}\\ \mathbb{Z}\\ \mathbb{Q}\\ \mathbb{R}\\ \mathbb{C} \]

数が集合に属する、あるいは集合が集合に含まれるという表現など。

LaTeX入力

\[
3\in\mathbb{N}\\
3.14\notin\mathbb{Z}\\
\mathbb{Q}\subset\mathbb{R}
\]

LaTeX出力

\[ 3\in\mathbb{N}\\ 3.14\notin\mathbb{Z}\\ \mathbb{Q}\subset\mathbb{R} \]