LaTeX で自然数、整数、有理数、実数、複素数の集合を表す

自然数、整数、有理数、実数、複素数の集合を太字で表すときは mathbb コマンドを使う。

\mathbb{N}
\mathbb{Z}
\mathbb{Q}
\mathbb{R}
\mathbb{C}

「含む」は in、「含まない」は notin で表す。

3\in\mathbb{N}
3.14\notin\mathbb{Z}
\mathbb{Q}\subset\mathbb{R}

メモ

数の集合はそれぞれ次のように表す。

集合 記号
自然数 N
整数 Z
有理数 Q
実数 R
複素数 C

おしらせ

受験生、大学生、数学の好きな大人の方に向けて、センター数ⅡBの過去問を解く勉強会を開催します。

広告