プラスマイナスの記号をTeX(LaTeX)で書く方法

プラスマイナスの記号はそこそこ使うわりに、ガンガン使うわけでもないのでコマンドを忘れがち。結論から言うとプラスマイナスのTeXコマンドは「pm」です。

LaTeX入力

\[
\pm{2}\\
\pm 1\\
\pm{314}\\
\pm314\\
\pm{xyz}\\
\pmxyz\\
\pm\pi
\]

LaTeX出力

\[ \pm{2}\\ \pm 1\\ \pm{314}\\ \pm314\\ \pm{xyz}\\ ERROR!\\ \pm\pi \]

下から二番目に注意。pmコマンドは

①数字は中括弧なしでもOK
②アルファベットは中括弧なしだとエラー
③半角空白はOK

です。

プラスマイナスの記号を使う例

LaTeX入力

\[
x=\frac{-b\pm{\sqrt{b^{2}-4ac}}}{2a}
\]

LaTeX出力

\[ x=\frac{-b\pm{\sqrt{b^{2}-4ac}}}{2a} \]

広告