LaTeX で平方根とべき根を書く

平方根は sqrt コマンドを使う。

平方根

\sqrt{x}
\sqrt x
\sqrt xyz
\sqrt -xyz

xyz の例のように、カッコをつけないで二個以上の変数を書くと一文字目しか根号に入らない。コマンドに入れる記号は中カッコでくくるとバグが起きにくい。

べき根

べき根は sqrt の後に大カッコをつけて、カッコ内にべき根の数を書く。この大カッコは省略不可能である。

\sqrt[n]{x}
\sqrt [n]{x}
\sqrt [n] {x}

広告