TeX(LaTeX)の表コマンド(arrayと枠線を表すhlineの使い方)

TeX(LaTeX)で表をつくるときは「array」というコマンドを使います。コピペしやすいようにコードを用意しました。

LaTeX入力

\[
\begin{array}{|c|c|}
\hline
a & a^{2}\\
\hline
11 & 121\\
12 & 144\\
13 & 169\\
\hline
\end{array}
\]

LaTeX出力

\[ \begin{array}{|c|c|} \hline a & a^{2}\\ \hline 11 & 121\\ 12 & 144\\ 13 & 169\\ \hline \end{array} \]

以下、上のコードの細かい説明です。

基本

LaTeX入力

\[
\begin{array}{cc}
dictionary & 3\\
banana & 2000\\
pi & 3141592
\end{array}
\]

LaTeX出力

\[ \begin{array}{cc} dictionary & 3\\ banana & 2000\\ pi & 3141592 \end{array} \]

改行を意味する¥¥を入れないといけません(最後の行は不要)。ちなみに「array」の隣りにある「cc」は「中央揃え」の列が二列あることを示しています。今は二列ですが、これを三列にしたい場合は「ccc」と書くわけです。八列にしたい場合は「cccccccc」です。

各列ごとにどちらに揃えるか指定できます。右揃えは「r」、中央揃えは「c」、左揃えは「l」。

枠線(縦)

枠線をつけたいときは次のようにします。まず中央に枠線を入れてみます。

LaTeX入力

\[
\begin{array}{c|c}
english & 5\\
mathematics & 3\\
biology & 4
\end{array}
\]

LaTeX出力

\[ \begin{array}{c|c} english & 5\\ mathematics & 3\\ biology & 4 \end{array} \]

続いて右に枠線を入れてみます。

LaTeX入力

\[
\begin{array}{c|c|}
english & 5\\
mathematics & 3\\
biology & 4
\end{array}
\]

LaTeX出力

\[ \begin{array}{c|c|} english & 5\\ mathematics & 3\\ biology & 4 \end{array} \]

最後に左に枠線を入れてみます。

LaTeX入力

\[
\begin{array}{|c|c|}
english & 5\\
mathematics & 3\\
biology & 4
\end{array}
\]

LaTeX出力

\[ \begin{array}{|c|c|} english & 5\\ mathematics & 3\\ biology & 4 \end{array} \]

三つの例を考えましたが、枠線の場所が異なっています。この違いはコマンドの「cc」の間あるいは隣にある棒線(|)で決まります。棒線がそのまま表の枠線になるという仕組みです。

今は縦に枠線をつけてみましたが、横に枠線をつけるにはどうすればいいでしょう。

枠線(横)

LaTeX入力

\[
\begin{array}{|c|c|}
a & a^{2}\\
\hline
11 & 121\\
12 & 144\\
13 & 169
\end{array}
\]

LaTeX出力

\[ \begin{array}{|c|c|} a & a^{2}\\ \hline 11 & 121\\ 12 & 144\\ 13 & 169 \end{array} \]

だんだんそれっぽくなってきました。横に枠線を入れるときは「hline」というコマンドを書きます。なお「hline」の後に改行コマンドは書きません。表の上に枠線を書いてみましょう。

LaTeX入力

\[
\begin{array}{|c|c|}
\hline
a & a^{2}\\
\hline
11 & 121\\
12 & 144\\
13 & 169
\end{array}
\]

LaTeX出力

\[ \begin{array}{|c|c|} \hline a & a^{2}\\ \hline 11 & 121\\ 12 & 144\\ 13 & 169 \end{array} \]

もういっちょ。表の一番下に枠線を書いてみる。

LaTeX入力

\[
\begin{array}{|c|c|}
\hline
a & a^{2}\\
\hline
11 & 121\\
12 & 144\\
13 & 169\\
\hline
\end{array}
\]

LaTeX出力

\[ \begin{array}{|c|c|} \hline a & a^{2}\\ \hline 11 & 121\\ 12 & 144\\ 13 & 169\\ \hline \end{array} \]

お疲れ様でした…。

※ただ、TeXで表をかくときは「array」でなく「table」というコマンドをよく使います。「array」でも問題ありませんが、こちらは連立方程式や行列を表すときに使うことが多い。

広告