LaTeX で数式の下(または上)に要素数を出す

数式で要素数を表すには underbrace と overbrace のコマンドを使う。

\overbrace{2+ \cdots +2}^{500}
\underbrace{1+ \cdots +1}_{100}

中カッコでくくりたい数式を underbrace というコマンドに入れ、要素数をアンダーバーの中に入れる。中カッコを数式の上に出したいときは overbrace を使い、要素数はハットの中に入れる。

広告

広告

広告

姓名判断

漢字辞典

色辞典

数の辞典

高校化学専門サイト

Python解説サイト

© Irohabook