三角比の正弦定理の公式

正弦定理は三角形の辺をその対角の sin で割った値がすべて、その三角形の外接円の直径に等しくなるという定理です。

正弦定理

△ABC について a = BC、b = CA、c = AB とする。また △ABC の外接円の半径を R とする。このとき

が成り立つ。

a = √2、A = 45°、B = 30°のとき、b の値を求めなさい。

おしらせ

受験生、大学生、数学の好きな大人の方に向けて、センター数ⅡBの過去問を解く勉強会を開催します。

広告