三日天下の意味

[慣]みっかてんか

わずかな間しか天下をとれないこと。短い期間しか支配できないこと。

例文

明智光秀は三日天下で終わった。

社長になった後、すぐに会社が倒産し、彼は文字通り三日天下だった。

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト