中学理科 宇宙の銀河系と太陽系(銀河と銀河系の違い)

銀河系と銀河に入る前に恒星について知らなくてはいけない。恒星とは、自ら光と熱を発する星である。例えば太陽やベテルギウスは恒星である。

銀河

宇宙には大小の恒星が散らばっているが、恒星はなにかの作用を受けてある程度まとまって存在している。このある程度のまとまりを銀河という。

銀河には数千万から数千億の恒星が集まっている。銀河によって恒星の集まり方が異なり、渦巻き型、楕円型とさまざまな形が存在していることが確認されている。

800px-Messier51_sRGB
(NASA・ESA がハッブル宇宙望遠鏡から撮影した銀河。著作権のライセンスはパブリックドメイン)

上の画像の銀河は渦巻き型の銀河である。銀河に属する一つ一つの恒星が光を放ち、全体として渦巻きの形に輝いている。

銀河系

銀河系は地球と太陽が属する銀河のこと。天の川(ミルキーウェイ)ともいう。銀河と銀河系は言葉が似ているので注意。どうしても混乱するという方は、銀河系の代わりにミルキーウェイという言葉で覚えよう。このページでも以降はミルキーウェイという。

800px-Center_of_the_Milky_Way_Galaxy_from_the_mountains_of_West_Virginia_-_4th_of_July_2010
(上の画像は Forest Wander from Cross Lanes, USA "Center of the Milky Way Galaxy from the mountains of West Virginia" より。 Creative Commons Attribution-Share Alike 2.0 Generic license. Source:flickr "Center Milky Way Galaxy Mountains"

ミルキーウェイは渦巻型の銀河と考えられており、中心にいて座が存在する。ミルキーウェイの中心に大きなブラックホールがあると考えられている。

太陽系

太陽と太陽の周りを回っている惑星を総称して太陽系という。銀河とまったく異なる概念。

地球も太陽系に属する惑星である。太陽系に属する惑星は以下のとおり。

惑星 どんな星か
水星 表面の温度差が激しい
金星 地球よりはるかに熱い
地球 水(液体)が大量にある
火星 大気のほとんどは二酸化炭素
木星 太陽系で最も大きい惑星
土星 中心を除いてガスでできている
天王星 地軸(自転軸)が大きく傾いている
海王星 表面はマイナス200度の極寒

メモ(中学理科の範囲外)

太陽の周りを地球や木星が回っているように、ブラックホールの周りを無数の星たちが回っていると考えられている。

中心 周り
太陽 地球など
ブラックホール

太陽は地球よりもはるかに重いが、ブラックホールは星よりもはるかに重い。

太陽系や銀河を考えると「重いものの周りに軽いものが回る」という法則が宇宙のあらゆるスケールで発生していることがわかる。

広告