単項式の意味と係数と次数 確認問題つき

単項式とは、文字( $x$、$y$、$z$、$a$、$b$、$c$ など)のべき乗( $x$、$x^2$、$x^3$、$a^2$ など)あるいはその定数倍をいいます。例えば $3x^7$、$2y^3$、$-5a^6$ などはすべて単項式です。単項式には係数と次数があり、 $3x^7$ では、$3$ が係数、 $7$ が次数となります。

※ $3x^4 + 2x^3$ などは足し算や引き算が入っているものは単項式といいません。また $\sin x$ なども単項式といいません。

1次の単項式の係数と次数を求めなさい。

$(1)$ $3x^2$

$(2)$ $7x^9$

$(3)$ $-2x^5$

$(4)$ $0.3x^3$

$(5)$ $\dfrac{2}{9} x^4$

$(6)$ $ax^2$

$(7)$ $8$

[su_accordion]
[su_spoiler title="解答" style="fancy"]

1

$(1)$ 係数: $3$ 次数: $2$

$(2)$ 係数: $7$ 次数: $9$

$(3)$ 係数: $-2$ 次数: $5$

$(4)$ 係数: $0.3$ 次数: $3$

$(5)$ 係数: $\dfrac{2}{9}$ 次数: $4$

$(6)$ 係数: $a$ 次数: $2$

$(7)$ 係数: $8$ 次数: $0$

※定数( $8$ など)は次数が $0$ です。

[/su_spoiler]
[/su_accordion]