11のかけ算(11の倍数)のわかりやすい計算方法

例えば26×11は2を100の位、6を1の位にもっていき、2と6を足した8を10の位にもっていきます。よって286が答えになります。

11のかけ算1

11のかけ算2

11 × 1 = 11
11 × 2 = 22
11 × 3 = 33
11 × 4 = 44
11 × 5 = 55
11 × 6 = 66
11 × 7 = 77
11 × 8 = 88
11 × 9 = 99
11 × 10 = 110
11 × 11 = 121
11 × 12 = 132
11 × 13 = 143
11 × 14 = 154
11 × 15 = 165
11 × 16 = 176
11 × 17 = 187
11 × 18 = 198
11 × 19 = 209
11 × 20 = 220
11 × 21 = 231
11 × 22 = 242
11 × 23 = 253
11 × 24 = 264
11 × 25 = 275
11 × 26 = 286
11 × 27 = 297
11 × 28 = 308
11 × 29 = 319
11 × 30 = 330

中学受験で要暗記の計算をまとめました。6年生の方は必ずチェックしてください。

中学受験生の暗記すべき計算160選

11の倍数だけでなく12や15の倍数も覚えましょう。

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト