かけ算25の段 25の倍数の効率のいい求め方

25は100を4で割った数であり、25の倍数は4つおきに100の倍数になります。

つまり十と一の位は

00 25 50 75

の4パターンしかありません。また3桁以上の数は、25をかける数を4で割った値になります。

例えば

25 × 12 = 300

は、12を4で割ると3余り0、だから3桁以上の数は3で、2桁までの数は00となるわけです。余りによって2桁の数は次のとおりになります。

余り0 → 00 余り1 → 25 余り2 → 50 余り3 → 75

25 × 1 = 25 25 × 2 = 50 25 × 3 = 75 25 × 4 = 100 25 × 5 = 125 25 × 6 = 150 25 × 7 = 175 25 × 8 = 200 25 × 9 = 225 25 × 10 = 250 25 × 11 = 275 25 × 12 = 300 25 × 13 = 325 25 × 14 = 350 25 × 15 = 375 25 × 16 = 400 25 × 17 = 425 25 × 18 = 450 25 × 19 = 475 25 × 20 = 500 25 × 21 = 525 25 × 22 = 550 25 × 23 = 575 25 × 24 = 600 25 × 25 = 625 25 × 26 = 650 25 × 27 = 675 25 × 28 = 700 25 × 29 = 725 25 × 30 = 750

4で割った商と余りが3桁以上の数字と2桁までの数字になるため、特に覚えなくてもすぐに計算できます。

おしらせ

受験生、大学生、数学の好きな大人の方に向けて、センター数ⅡBの過去問を解く勉強会を開催します。

広告