室町時代の文化〜北山文化(金閣寺)と東山文化(銀閣寺)

室町時代の文化は南北朝文化、北山文化、東山文化がある。

南北朝文化
 ↓
北山文化(足利義満)
 ↓
東山文化(足利義政)

南北朝文化

足利尊氏が光明天皇(北朝)をたてて後醍醐天皇と対立すると、足利家や天皇家についての歴史書と軍記物語が作られるようになった。

  • 「増鏡」
  • 「太平記」
  • 北畠親房「神皇正統記」

読み方:
増鏡(ますかがみ)
太平記(たいへいき)
北畠親房(きたばたけ・ちかふさ)
神皇正統記(じんのうしょうとうき)

鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて成長した武士を中心に、「バサラ」という派手な文化も生まれた。

北山文化

3代将軍の足利義満は、京都の北山という場所に金閣を建てた。金閣は寝殿造と禅宗をあわせた建築様式で、禅が文化として浸透したこの時代の文化を代表する。

北山文化は禅を特徴とする。禅の禅問答を絵にしたところから水墨画の文化が生まれたが、水墨画で有名な雪舟は東山文化に属する。

また観阿弥と世阿弥は猿楽から能という芸術を生みだした。

東山文化

8代将軍の足利義政は、京都の東山という場所に銀閣を建てた。銀閣は書院造という建築様式で、禅の簡素さから強く影響されている。足利義政の書斎であった慈照寺・東求堂の同仁斎は、今日でも茶会で見られるような簡素な部屋である。

銀閣や慈照寺東求堂のように、絵画や芸術も禅を深化させている。明(中国)で絵の技術を学んだ雪舟は、禅的な水墨画をさらに発展させた。

広告