交感神経と副交感神経による各器官の挙動|高校生物

交感神経は体が活動するときに働き、副交感神経は体が休むときに働く。

交感神経 アクティブ 副交感神経 リラックス

各神経は生体内のあらゆる器官に強い影響を与える、例えば心臓は、交感神経によって拍動が促進され、副交感神経によって抑制される。以下に神経と器官の影響をまとめる。

器官 交感神経 副交感神経
瞳孔 拡大 縮小
気管支 拡張 収縮
心臓 拍動促進 拍動抑制
呼吸速くなる 呼吸遅くなる
胃腸 運動抑制 運動促進
肝臓 グリコーゲン分解 グリコーゲン合成
すい臓 グルカゴン分泌 インスリン分泌
ぼうこう 排尿抑制 排尿促進

交感神経によって心臓の拍動は促進されることは、走ったり緊張したりする状況を考えるとわかる。

また交感神経によって胃腸の運動が抑制されることに注意。グリコーゲンが分解されるということは、活動状態によって栄養分(グルコース)が不足することからわかる。

広告