ニューディール政策の概要

ニューディール政策とはフランクリン・ルーズヴェルト大統領が1933年から始めた経済政策である。政府は積極的に経済に介入し、市場の不均衡を調整しようとした。

政策
1933/5 農業調整法
1933/5 テネシー川流域開発公社
1933/6 全国産業復興法
1935/7 ワグナー法

農業調整法

農産物の生産と価格を調整を目指した。

テネシー川流域開発公社

テネシー川流域の開発を目指す大規模な公共事業。失業者を減らす目的もあった。

全国産業復興法

労働者の団結権などを認める等。

ワグナー法

全国産業復興法が違憲判決を受けたため、その一部を法制化したもの。最低賃金の保障など。

メモ

フランクリン・ルーズヴェルトは1933年から1945年まで12年間も大統領を務めた。

広告