NumPy:データの平均を求める(重みのある平均はaverageを使う)

平均はmeanやaverageで求めます。まずはarrayで配列を作りましょう。

入力

import numpy as np

a = np.array([1, 2, 3, 4, 5])
x = np.mean(a)
y = np.average(a)

print(x)
print(y)

出力

3.0
3.0

meanに配列を入れると、その平均が出てきます。

重みのある平均

平均を求めるとき、要素ごとに重みをつけたい場合があります。このときはaverageを使い、第二引数にweightsを指定します。weightsも配列で、自由に設定できます。

入力

import numpy as np

a = np.array([1, 2, 3, 4, 5])

weights = np.array([5, 0, 3, 7, 9])

x = np.mean(a)
y = np.average(a)
z = np.average(a, weights=weights)

print(x)
print(y)
print(z)

出力

3.0
3.0
3.625

上の例ではyが普通の平均、zが重みのある平均です。

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト