小倉百人一首の和歌と作者一覧|高校古文

秋の田のかりほの庵の苫をあらみわが衣手は露にぬれつつ

天智天皇『後撰和歌集』秋中(三〇二)

春すぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふ天の香具山

持統天皇『新古今和歌集』夏(一七五)

ちはやぶる神代もきかず竜田川からくれなゐに水くくるとは

在原業平朝臣『古今和歌集』秋下(二九四)

このたびはぬさもとりあへず手向山紅葉の錦神のまにまに

菅家『古今和歌集』羇旅(四二〇)

名にしおはば逢坂山のさねかづら人にしられでくるよしもがな

三条右大臣『後撰和歌集』恋三(七〇〇)

嘆きつつひとり寝る夜の明くる間はいかに久しきものとかは知る

右大将道綱母『拾遺和歌集』恋四(九一二)

広告