あしびきの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかも寝む|柿本人麻呂|小倉百人一首

あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかも寝む

現代語訳

山鳥の たれ下がっている尾のように 長い長い夜を ひとりで寝ることになるのかなあ

注 「あしびきの」は枕詞で訳さない

文法

上の句先頭「あしびきの」は枕詞で訳さない。しだり尾、すなわち長い尾をもっているのはオスであり、歌の一人称が「男」だとわかります。

また「ひとりかも寝む」は次のように品詞分解します。

ひとり か…係助詞 も…係助詞 寝…ナ行下二段活用「寝」未然形 む…助動詞(推量)「む」連体形

係助詞「か」が係り結びの法則によって文末の推量「む」を連体形にしています。

作者

柿本人麻呂(七世紀後半~八世紀前半)

広告