奥山に紅葉踏みわけ鳴く鹿の声きく時ぞ秋は悲しき|猿丸太夫|小倉百人一首

奥山に 紅葉踏みわけ 鳴く鹿の 声きく時ぞ 秋は悲しき

猿丸太夫『古今和歌集』秋上(二一五)『小倉百人一首』五

現代語訳

奥山に 紅葉を踏みわけて 鳴く鹿の その声を聞くときこそ 秋は悲しいものよ

文法

「声きく時ぞ秋は悲しき」の「ぞ」は係助詞で、係り結びの法則によって「悲しき」は連体形となっています。

作者

猿丸太夫(生没年不詳)

実在を疑われている歌人でありながら、三十六歌仙の一人でもあります。

おしらせ

受験生、大学生、数学の好きな大人の方に向けて、センター数ⅡBの過去問を解く勉強会を開催します。

広告