嘆きつつひとり寝る夜の明くる間はいかに久しきものとかは知る|右大将道綱母|小倉百人一首

嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くる間は いかに久しき ものとかは知る

右大将道綱母『拾遺和歌集』恋四(九一二)『小倉百人一首』五三

現代語訳

嘆きつづけて ひとりで寝る夜の 明けるまでの時間は どんなに長いことか ご存知でしょうか?(ご存じないでしょう)

文法

嘆きつつ

つつ…動作の反復

ものとかは知る

か(は)…係助詞

ぞ・なむ・や・か・こそ(係助詞)の係り結びの法則にあるように、「か」は疑問または反語を意味します。この詩の場合は反語。

知る…連体形

作者

藤原道綱(ふじわらのみちつな)の母。

作品

関係者

父 藤原倫寧(ふじわらのともやす) 夫 藤原兼家(ふじわらのかねいえ) 子 藤原道綱(ふじわらのみちつな)

右大将道綱母という呼び名もあります。

藤原兼家は古文にも日本史にも出てくる重要人物で、藤原道長の父。藤原兼家は、蜻蛉日記の作者と藤原時姫の二人を妻にして、時姫から道長が生まれた。

Hyakuninisshu_053

広告