昔の月(陰暦の月)の名称と読み方

今は月を一月、二月、…と読んでいますが、昔は睦月、如月、…などと読んでいました。一月は睦月、二月は如月に対応しています。

陽暦と陰暦の月対応

一月 睦月(むつき) 二月 如月(きさらぎ) 三月 弥生(やよい) 四月 卯月(うづき) 五月 皐月(さつき) 六月 水無月(みなづき) 七月 文月(ふみづき) 八月 葉月(はづき) 九月 長月(ながつき) 十月 神無月(かんなづき) 十一月 霜月(しもつき) 十二月 師走(しわす)

十二月の「しわす」のみ、月がついていません。